債務整理で借金生活を楽に

subpage01

債務整理とは、借金を抱えて生活に苦しんでいる人達のための救済手段の手続きの事をいい、任意整理と民事再生と自己破産等の手続きが挙げられます。



任意整理とは、金利をなくし、借金の総額を減額する事によって、月々の返済を少なくする方法です。



場合によっては、既に払い済みの借入に対し払い過ぎた利息を返還請求ができる可能性もあります。



民事再生は、現在の借金を大幅に減額してから、3年かけて分割で返済していく手続きです。


この場合は、住宅などの資産を手放す事無く整理する事が可能です。自己破産とは、裁判所から認めてもらい免責となれば、すべての借金を返済する必要がなくなる手続きの事を言います。

但し、この場合資産や財産があれば、それらは、没収されます。


債務整理のメリットは、何よりも返済に追われる生活から開放される事にあります。デメリットは手続きの方法により異なりますが、共通していえるのは、ブラックリストに載ってしまうため5年から10年カードの利用やローンを組む事はできなくなります。

また、民事再生と自己破産は、官報に掲載され、更に自己破産の場合は、一部の職業に就けなくなります。


一方民事再生の場合は、債務整理の中で一番手続きが複雑な為、時間と費用が掛かります。

どの方法を選ぶかは、借金の状況や金額の大きさを考慮する必要があります。



また、手続き等も自己で出来るものですが、手続きや交渉は、なかなか難しいものです。



何よりも専門の弁護士などに相談する事が一番いい事です。



関連リンク

subpage02














債務整理なんてことにならないように

借金で首が回らなくなったら債務整理という形になります。自己破産や任意整理などいくつかあり、それぞれの状況に最適な方法を選ぶことで今の借金の問題をクリアできるのです。...

NEXT
subpage03














債務整理を利用するなら弁護士の力を借りましょう

多重債務で苦しんでいる方の解決方法の一つとして債務整理がありますが、手続きを全て自分で行うのは非常に面倒で、更に相手側との交渉に関してもまともに対応してくれないケースがほとんどなので、法律の専門家である弁護士に相談して手続きを代行してもらうのが最適です。最近はテレビやインターネットでも弁護士事務所の宣伝が頻繁に行われておりますので、複数の弁護士の情報をチェックして、信頼できる方を選ぶのがベストです。...

NEXT